Top >  ヨガ関連読本 >  ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典

ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典

ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典
B.K.S. アイアンガー
ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典
定価: ¥ 3,150
販売価格: ¥ 3,150
人気ランキング: 15304位
おすすめ度:
発売日: 2004-12
発売元: 白揚社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

これ1冊で十分
ヨガの薄い本をあれこれ買うより、これ1冊を買えばあとは何もいらないと思う。
濃い内容です。
独学がしたい人にも、これなら大丈夫だと思う。

まさに事典
「事典」なので、いきなりこれを読んでとにかく実践、と言うより、

すでに自分の流れでヨガをされていて「あれってどうだったかな?」「新しいこれってどうするの?」というような時に開く感じの本だと思います。

ハタヨガというと、アイアンガーヨガをはじめ、今流行のアシュタンガヨガなどのいわゆるパワーヨガを含めた、様々な種類の体を使うヨガを総括して言いますが、体位の習得を深めている方に特に満足できる内容になっているだろうと思います。

また体だけでなく、ヨガの本来の目的である心の昇華について、または心と体、両者のつながりについても少し触れていると思います。個人的にはその辺りの書き方が興味深かったです。

盛り沢山なので、持っていれば必ず役に立つ本だと感じました。

地道な努力と忍耐ののち光
最近のヨガ本みたいに、アサナの記載してあるページと写真の載っているページが見開きになっておらず、写真と文章を読み比べるのがちょっと面倒くさい。また、比較的難しいポーズが多いため、一見とっつきにくい内容となっています。が、「あのポーズどんなんだっけ?」と疑問に思ったときに、該当の箇所をひらくと、アサナに関しての方法、注意事項、思想背景等がこれでもかというぐらい懇切丁寧に几帳面に記載されていますので、日が経つにつれ、手放せない本となりました。難しい本に間違いありませんが、この本は本ものです。

ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典の詳細を見る

 <  前の記事 ひとりでできる活静体操健康法 (ひとりでできる活静体操健康法)  |  トップページ  |  次の記事 どこでも1分半ヨガ―YOGAでカラダスッキリ、ココロは浄化 (主婦の友生活シリーズ) (主婦の友生活シリーズ)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/3753

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ヨガに挑戦したい!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。